工法・構造

サンケイの家の特長 工法・構造

サンケイ建匠が建てる家は、日本の伝統的な建築方法の木造軸組構造に断熱・調湿をプラスした「ファース工法」を採用しています。プランの自由度も高く、さまざまなスタイルに対応できるのが特長です。
鉄筋コンクリート造の基礎の上に木の土台を据え、柱と柱を梁で水平につなぎ、その対角線を筋かいで斜めに補強する丈夫な構造体に、専用断熱材を柱の間に注入、地震の揺れにも強靭に対応します。

本当に強い家とは、構造材・部材がいつまでも劣化せずに機能しつづけ、長きにわたって快適な暮らしを支え続ける家のこと。しっかりと組み上げた木材の構造体、そしてその構造体を腐食させることなく、強さと柔軟性・耐久性を兼ね備えた、長持ちする家、それがファース工法の住まい。

私たちはお客様のご予算に応じた高品質の住宅を提供します。お気軽にご相談ください。

「ファースの家」についてはこちら

カタログ・資料請求

このページの先頭へ