アフターサービス・保証

サンケイの検査体制

担当現場監督による大工さん・業者さんの実際の施工に対する厳しい現場チェック
当社のお客様の立場にたった現場監督により、実際の施工管理のほかにサンケイの企業姿勢・お客様への思いを常日頃から大工さん・業者さんに伝え、現場の隅々までサンケイのポリシーを徹底させます。
家の基本性能に関わる重要な部分をお引渡しから10年間保証いたします。
サンケイ内の検査部門による最終仕上がり検査

サンケイでは、厳しい社内検査を独自に実施いたします。
ここでは法的な基準はもとより、細かい部位の施工精度、意匠性、現場における整理整頓まで厳しくチェックされます。こうした厳しい社内検査を繰り返すことにより常に高水準の施工レベルを維持しています。

当社では上記中の社内・社外検査のほかに、社長自らによるお引渡し前完了検査を実施しております。社長の厳しい目で合格した物件のみが実際にお客様にお引渡しされます。

こうしたことが現実に実施できるということが小さな地元工務店の大きなスケールメリットです。

住宅瑕疵担保責任保険

「住宅瑕疵担保責任保険」制度について

大きな建設会社でも倒産するニュースが流れる中、「小さな工務店で大丈夫?」という心配をされる方も多いかと思います。サンケイ建匠では、義務化となった瑕疵担保保険はもちろん、完成引渡し保証、地盤保証など、各種保険、保証サービスを準備しています。
「住宅瑕疵担保責任保険」とは、新築住宅に瑕疵があった場合に、補修等を行った事業者に、保険金が支払われる制度です。また、保険への加入にあたっては、住宅の工事中に検査が行われます。

この保険は、「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)」に基づく保険として、国交省より指定を受けた住宅瑕疵担保責任保険法人が、全ての住宅事業者を対象として提供するものです。さらに、消費者を守るしくみとして、住宅事業者が倒産した等で、相当の期間を経過してもなお補修が行えない場合は、発注者や買主である住宅取得者の方が保険法人に瑕疵の補修等にかかる費用等(保険金)を直接請求することができます。

保険金のお支払となる対象は、住宅の構造耐力上主要な部分、雨水の浸入を防止する部分です。この瑕疵に起因し、住宅の基本的な耐力性能もしくは防水性能を満たさない場合、住宅事業者が住宅取得者に対し10年間の瑕疵担保責任(無料で補修する義務)を負担することで生じる修補費用等についてお支払します。

「住宅瑕疵担保責任保険」について詳しくは国土交通省のホームページをご覧ください。
⇒ 国土交通省のホームページへ

家は建てた後からが本番です。

サンケイ建匠は一生のお付き合いをさせていただくべく、さまざまなアフターサービスもご用意しております。
6ケ月、1年、2年の定期点検のほかに、建てていただいたお客様すべてのお宅へ、専属の有資格者による定期訪問を実施、アフターメンテナンス対応をさせていただいております。

ライフスタイルの変化やエネルギー事情の変化に応じ、リフォームをはじめ、随時無料診断を行っていますのでお気軽にご相談ください。売買、相続・贈与に対しても、各専門家と連携してお客様をサポートさせていただきます。

カタログ・資料請求

このページの先頭へ